読書

哲学

カミュ『異邦人』解説。なぜムルソーは幸福な死刑囚となり得たか?

私と異邦人との出会い 「今日、ママンが死んだ」 この鮮烈な一文から始まる小説『異邦人』は 1957年にノーベル文学賞を受賞した フランス領アルジェリア出身の作家 アルベール・カミュの初期の代表作だ。 私がこの...
教養

5分でわかる!D・カーネギー『人を動かす』の要約まとめ

はじめに あなたは『人を動かす』をご存じだろうか? 『人を動かす』は、20世紀前半のニューヨークで ビジネス教育コースを実施していたデール・カーネギーが、 対人スキルの具体的な手法を、自身の見聞や歴史上の事例を交えて解説...
哲学

J・クリシュナムルティ『既知からの自由』の要約、名言まとめ

クリシュナムルティとは?何をした人? 自らが数千人規模の宗教団体の指導者の立場にありながら 「真理に至る道は組織化することはできない」として団体の解散を宣言し、 あらゆる伝統、権威、宗教を否定する独自の思想を展開したことで 欧米...
読書

【永久保存版】死ぬ前にこれだけは読みたい世界の名作文学ベスト28

はじめに 人はなぜ、本を読むのか? あなたは、月にどれくらいの本を読んでいるでしょうか?(漫画や専門書、自己啓発書は除く) 学生や本好きの方、学校の先生などはともかく、 ほとんどの忙しい大人は「ゼロ冊」なのではないかと思...
名言

悪用厳禁!乱世を生き抜くための『君主論』の名言29選

今の時代だからこそ読まれるべき一冊 こんにちは、daimaです。 本日はルネサンス期フィレンツェ(現イタリア)の外交官、 ニッコロ・マキャベリ(Niccolò Machiavelli)の著書 「君主論」の言葉をお送りしま...
読書

これまでの人生で最も心揺さぶられた本の中の名文5選

はじめに 「読書をする者は死ぬまでに千の人生を生き、 一度も読書をしない者はたった一度の人生のみを生きる」 というのは「氷と炎の歌」シリーズの 著者として知られるG.R.Rマーティンが 自著の登場人物に語らせた有名な箴言ですが...
読書

知ってるようで知らない構造主義の入門書。「寝ながら学べる構造主義」の要点レビュー

知ってるようで実はよく知らない「構造主義」について、平易な言葉と分かりやすいたとえで解説する書籍「寝ながら学べる構造主義」の要点レビューです。
読書

科学の発展は狂気と紙一重か「世にも奇妙な人体実験の歴史」の要点読書レビュー

自分の肉体を実験台とすることで科学の発展に大いなる貢献を果たした人々の物語を集めたノンフィクション書籍「世にも奇妙な人体実験の歴史」の要点抜粋レビュー。
読書

「地道にコツコツ」は脳に悪い習慣?「脳に悪い7つの習慣」の要点読書レビュー

はじめに こんにちは、daimaです。 本日ご紹介する書籍は 脳神経外科医として長年にわたって最前線に立ち、 脳機能のスペシャリストとして北京オリンピックの 競泳チームにアドバイスを行った経験もある林 成之氏が ...
読書

圧倒的センス!タイトルが格好良すぎる小説・哲学書34選

あまりにも格好良すぎるタイトルを持つ34冊の本たちをご紹介します。
タイトルとURLをコピーしました